年収が低い場合は収入合算で住宅ローンを

購入を希望する住宅があるのだけれども、契約者本人の年収だけでは住宅ローンを組めたとしても希望金額の借り入れをすることは難しい...という場合もあるかと思います。
そういった場合には、複数の人の年収を合わせて住宅ローンの申し込みをする「収入合算」という方法を利用することも出来ます。
一般的には、夫婦や親子といった家族内で収入合算を組むことになり、これによって一人分の年収ではクリア出来なかった条件がクリアできるようになります。
収入合算を利用する場合には、本人以外の方が住宅ローンの連帯保証人になるタイプと、住宅ローンの連帯債務者になるタイプがありますので、収入合算をする方の状況に合わせて選んでいきましょう。